亡くなったペットの骨は庭に埋めてもいいのですか

可愛がっていたペットが亡くなって、火葬にしましたが、そばにいたいので家の庭に埋めるか仏壇においてもいいですか

とのご質問です。

※桃月自体、保護犬、保護猫と暮らしておりますので『ペット』という表現自体、疑問を持っているのですがご質問に表記されておりますので、ご解説をご理解いただくために使っております。

 

 

小さな命:ペットのお骨は時期がきたら納骨へ

 

お気持ちは重々わかります。

お庭やお仏壇などの身近なところに置いておきたい。

とても大事な存在だったのでしょう。

 

ただ、小さな命にもこれから行かなければならないところもあります。

小さな命には小さな命のためのあの世があるのです。

 

亡くなったペットとまたあの世で会える

 

小さな命:納骨する意味

 

ある程度の時期が来ても、あなたがいつまでも近くに置いておきたい

とのお気持ちを残しておけば

小さな魂たちはとても飼い主に従順。

あなたのお気持ちを汲み取って

あの世にいくことを躊躇してしまうこともあるのです。

 

その意味も込めて、しかるべきところに納骨をするのがいいでしょう。

 

 

小さな命:御供養のために人間ができること

 

魂が抜けてしまって火葬にしてしまったら

次は

『ありがとう、向こうでも楽しく暮らしてね』

と声をかけてあげることが良い御供養になります。

 

例え納骨をしたとしても心の絆はつながっています。

 

悲しくて寂しい気持ちはわかりますが

小さな命の浄化を遅らせることなく

愛を込めて見送ってあげるのも

飼い主としての大我の心に通じるのです。

 

 

 


🔴ワンちゃん猫ちゃん小さな魂/命カテゴリ

続きはこちらから


3分でわかるスピリチュアルQ&A目次