水流任急境常静 花落雖頻意自閑


スポンサードリンク

水流急なるに任せ境常に静かなり 花落つること頻りたりと雖も意常に閑かなり-読み方-意味


中国の古典書 菜根譚に記載されてるこの

水流任急境常静 花落雖頻意自閑

読み方

意味

を解説いたします。

水流任急境常静


水流任急境常静-読み方


水流任急境常静

水流急なるに任せ境常に静かなり

すいりゅうきゅうなるにまかせ きょうつねにしずかなり

水流任急境常静-意味


世の中が激動で水が急であっても流れに任せて、私の心は常に静かです。

花落雖頻意自閑


花落雖頻意自閑-読み方


花落雖頻意自閑

花落つること頻りたりと雖も意常に閑かなり

はな おつることしきりといえども い つねにのどかなり

花落雖頻意自閑-意味


花が全て散り、枯れ葉だけになったとしても、私の心はとても長閑(のどか)です。

水流任急境常静 花落雖頻意自閑-まとめ


どこか風情があり、美しい光景が目に浮かぶ言霊です。

その文字の如く受け止めて味わってもよろしいと思います。

プラスして個人的に感じたことを。

『水流任急境常静 花落雖頻意自閑

どんなに世の環境が劇的に変化をしても、流れに身を任せて静かに受け入れて私は平常を保ちます

花が落ちて枯れ葉だらけになるかのように、世間では心が揺れ動くことがあるようだが、私の心は乱されることなく常に静かに長閑です。』

達観したような、何があっても動じないような強い決意があるような・・・。

ただ、流れに身を任せてるような、揺るぎない信念がありそうな・・・。

文字がまるでポエムのように美しく儚げなのに

しなやかで揺るぎない心情を感じます。

私も常にこうありたいと心してる、大好きな格言の一つです。

水流任急境常静 花落雖頻意自閑

意味を知ったら、待ち受けにしたい!

そんな方はどうぞ