ペットロスが悲しすぎて、飼わなければよかったとさえ思ってしまいます

ペットロスが辛すぎます

わかっていたこととは言え、後悔ばかり・・・。

ペットロスが悲しすぎて、飼わなければよかったとすら思ってしまいます。

何度も同じ思いをしてるのに・・・

とのご質問です。

 

※桃月自体、保護犬、保護猫と暮らしておりますので『ペット』という表現自体、疑問を持っているのですがご質問に表記されておりますので、ご解説をご理解いただくために使っております。

 

小さな命:ペットを家族に迎えるのは魂のボランティア

 

ご相談にあるとおり

どんなにわかっていたとしても辛く悲しいことです。

ただ、長年の間、あなたと暮らせて、

小さな命:ペットの命の修行を、ボランティアとしてお手伝いできたのは

とても素晴らしいことです。

 

 

小さな命:ペットとはまた会える

 

亡くなったペットとまた再会する方法

 

きちんと愛と絆で結ばれていたら、またあの世で再会することができます。

なので今は小さな命:ペットの魂の浄化を願っていてあげてください。

 

 

魂のボランティアは尊い行い

 

あなたと小さな命:ペットとの出会いも

必然でした。

そして無になったのではなく

これからも魂の向上のための進化の旅を続けます。

 

飼い主が悲しんでいるとそれが未練となり

魂の浄化の妨げになることもあります。

 

小さな命:ペットと心は永遠に通じている

 

愛と絆は永遠です。

 

愛あればこそ、未練をたちきり

御供養をしてあげることが

小さな命:ペットちゃんたちのためにもなるのです。

 

飼わなければよかったと後悔することなく

そしてまたご縁があったら

小さな命をご家族として迎えてあげて

精一杯愛してあげてください。

 

 

 


🔴ワンちゃん猫ちゃん小さな魂/命カテゴリ

続きはこちらから


3分でわかるスピリチュアルQ&A目次