🔴3分でわかるスピリチュアルQ&Aおみくじの結果があまりよくないと気になってしまいます 引きなおしてもいいですか


スポンサードリンク

🔴3分でわかるスピリチュアルQ&Aおみくじの結果があまりよくないと気になってしまいます

引きなおしてもいいですか

『おみくじやお守りが大好きで、見かけるとついついやってしまいます。

大吉だと気分がいいのですが、そうでないときは

落ち込んでしまうので大吉が出るまで引いてしまいます』

Kさん専門学校生さんからご質問をいただきました。

 

 


 

神社仏閣などで、おみくじを引くのはドキドキワクワクして楽しみですよね

 

お答え

引き直すのはNGです。

 

 

 

 

おみくじの考え方

引き方のマナーを学べば

おみくじに対する考え方が変わって

もっと人生のプラスと捉えることができるようになりますし

結果が気になって引きなおしたくなる・・・という衝動にも

かられなくなります。

 


 

楽しいおみくじの引き方を学んでより良い天からのメッセージを受け取りたい方法

もっと知りたければ続きをどうぞ💛

 

 


おみくじは計画的に

たまたま通りかかったところにおみくじがあったから・・・

と運試しのようにして引いてしまうケースもあるかもしれません。

 

ですが、本来はその神社仏閣にいく前から

目的をしっかりと定めておくことが大事。

きちんとマナーを守って参拝をして

清らかな心で挑みましょう。

 

 

 


参拝の時におみくじのことをお伝えする

よく神社などで

自分の

『あれを叶えてください』

『これが欲しいです』

と願望ばかり唱えてるケースがあるようですが

大NGです。

神様はなんでもお願い事を叶えてくれる

魔法のランプの精ではありません。

 


参拝のマナー

参道の真ん中の部分は神様がお通りになるところ

『正中』と言われています。

鳥居をくぐるときももちろん一礼をして

外側の足から踏み入れます。

 

神社仏閣は観光地化されてるようなイメージがありますが

騒いだりすることなく

静寂を感じ内観をしながら歩行瞑想をするような心構えが大事です。 

 


一般的な手水のお作法

①右手で柄杓を持ちます。

②水を汲んで左手にかけてお清めをします。

③柄杓を左手に持ち替えます。

④ ②と同じように右手をお清めします。

⑤ また柄杓を右手で持ちます。

⑥左の掌を受け皿のようにして水を溜めて、その水を口に含みます。

⑦口をすすぎます。

⑧柄杓を立てるようにして、合(ごう:コップのようになっている部分)から柄に水を流します。

⑨柄杓置きに伏せて戻します。

 

 

 


そして参拝

おみくじを引くまでに色々ありますよね。

まだもう少しマナーがあります。

 

神殿前でもど真ん中に堂々と立つのは実はあまりお勧めはできません。

先ほどもお伝えしたように正中は神様がお通りになるところ。

 

ケースバイケースで

どうしても混み合っていたり

周りの雰囲気で

真ん中に並ばなければならないこともあるでしょうが

 

祈りは心がけ次第でどの場所からも通じます。

 


神殿前付近では

 

お賽銭をそっと入れてから鈴をならします。

二礼二拍手をし、その後手を合わせて

・自分の名前・住所

・神様への日頃の感謝の言葉を述べます。(いつもありがとうございます)

・自分の『誓い』を伝えます。(例:医学の道を志し多くの方の病と戦うことを誓います。など)

・おみくじをひくことをお伝えします。

『これからおみくじを引きますので私へのメッセージをお願いします』
  このとき、よりピンポイントにお伝えします。(例:世の中のお役に立てるよう学業に勤しみますので、そのメッセージをください)

 

お礼をして下がります。

 


お待たせしました!やっとおみくじが引けます

 

もう〜ここまでくると

読んでるだけで神聖な雰囲気を感じて

今までおみくじを引いていたお気持ちとはちょっぴり違うのではないでしょうか。

 

おみくじの内容がどんなことでも受け止めよう!

という気持ちになって・・・きていませんか?

 

結果がどうであれ

それが天からの清らかなメッセージであると受け止める心が大事なのです。

また結果が気に入らないからといって

おみくじを引きなおすのも本末転倒。

 

たとえ厳しい内容だとしても

それがあなたにとって重要なメッセージであれば

感謝をして受け止めることです。

その心構えができてから

おみくじを引いてくださいね。

 

 


おみくじは持ち帰りましょう

せっかくこれだけ神聖な気持ちで引いて

天からのメッセージを頂戴したのですから

持ち帰りましょう。

 

『神社に結べば縁結び』という語呂合わせからきてるのかもしれませんが

御神木に結んだから願いが叶うと思ってしまうのは

御神木を犠牲にしてまで自分の願いを叶えたいという小我です。

 

自分に対する天からのメッセージ

そして教訓、教えであるのですから

持ち帰って事ある毎に読み返してみましょう。

 

特に期限があるわけでもないので

自分への戒めとして

日記のように記念にとっておいてもいいですし、

いただいた神社にお返ししてもいいのです。

 

 

 


マナーを守ってからこそのおみくじです

マナーを守らず、神聖な心構えもできてないのに

いくら良い結果が出たとしても

一瞬喜んで、内容を細部まで感じ取らないのであれば

あなた自身の重要なメッセージなるでしょうか。

 

 

また、お願い事をして、おみくじを引いてるのに

お礼を言わない方が多いですが

どんな結果であれ後日必ず

『お導きいただきましたことを感謝いたします。ありがとうございます』

とお礼をお伝えしてくださいね。

 

 


おみくじは大吉などにこだわることはありません

 

正しいおみくじの考え方を学べば

大吉にこだわることではないと

ご理解いただけたでしょうか。

 

・細部にわたってまで感謝して読んで

時にはそのキーワードから

重大なヒントをいただく。

 

・自分の心を清らかに保ち

神聖に志を誓い

その教訓を頂戴する。

 

しっかりと心構えができていれば

どんな内容でもあなたの現在、未来に

必ずプラスになる

メッセージであることでしょう。

 

 


🔴ご先祖供養/お参りカテゴリ

続きはこちらから


 

3分でわかるスピリチュアルQ&A目次