怖い夢-悪夢を見てしまうスピリチュアルな意味とお守り霊符


スポンサードリンク

怖い夢や悪夢を見ることがあります。『夢なのだから』と自分に言い聞かせても

現実になったらどうしようと不安になり眠るのが怖くなるほどです。

とのご質問です。

怖い夢-悪夢を見てしまった時

悪夢憂悶断真霊符(あくむゆうもんたつしんれいふ)で

悪夢の御祓をしてください。

プリントアウトして寝室の壁に貼るか枕の下に入れてください。 折りたたんでも構いません。 悪夢を見なくなったらお焚き上げへ。

夢占い-は一概には言えない

 

一口に悪夢と言ってもその人によって感じ方は千差万別。

一般的には『その夢を見てる時にどんな気持ちになったか』が大事とされていますが

寝る直前に怖い映画などを観た時にも怖い夢を見てしまうことは

どなたでも1度は経験してるのではないでしょうか。

ですのでどうしても気になる悪夢を見てしまった場合は

きちんと夢占い、夢鑑定ができる専門の占い師へご相談ください。

怖い夢-悪夢と眠りの深さ

 

夢はどなたでも見るものですが

睡眠の深さも重要です。

寝る環境を整える


清潔な寝具

リラックスできるパジャマ

騒音などはないですか

適度な明るさ

枕の高さ、マットレスの固さ

温度湿度も調節しましょう。

寝るマインドを整える


寝る直前に夫婦喧嘩をした・・・などがあれば

もちろん健やかな睡眠はなかなか確保できないかもしれません。

悩みや不安も大敵。

寝る時には寝る事に徹することも大事です。

 

怖い夢-悪夢のスピリチュアルな意味

 

寝ている間に私たちの魂は守護霊さんとのミーティングをしてると言われています。

時にはご指導いただいたり、また時にはエネルギーをチャージしていただいたり。

そのようなスピリチュアルな睡眠で得た夢こそ、スピリチュアルな意味があるのです。

ただ、日頃ストレスが溜まっていたり、

寝る直前まで会社の不平不満を考えていたりすると

魂レベルが低くなってしまい、守護霊さんとのミーティングどころか

睡眠中の魂は下層のエリアへ迷い込んでしまうのです。

それが悪夢です。

 

怖い夢-ほどんどは厄払い


怖い夢の場合はほとんどは

厄払い=吉夢

と言われています。

 

ですので本来はあまり怖がることはありません。

この厄払いの夢の場合は、

多くて二回見ることがあるとも言われていますが

二回目はあまり怖くはありません。

 

ですので、怖い夢=不吉な前触れ

とはならないので必要以上に怖がらないでくださいね。

怖い夢-悪夢の対処法

 

先述の通り

寝室の環境や、寝るためのマインドを整えることも大事ですし

ゆっくりと湯船に浸かることが1番のおすすめ。

たまに温泉地などでゆっくりとお風呂に入ると

朝までぐっすりと快眠ができたなどのご経験もあるのではないでしょうか。

それはスピリチュアル的に毛穴からエクトプラズムが排出されて

魂のデトックスができているからです。

もし温泉地までいけない場合はお近くのスーパー銭湯でもいいですし

月に1度スパでゆっくりと全身マッサージをしてもらうなど工夫をしてください。

ご自宅でのお風呂であればお好きな入浴剤でお風呂タイムをお楽しみください。

 

 

 

 

寝る環境やちょっとしたひと工夫で悪夢から解放されますが

全てはご自分のマインド次第。

常日頃、正しい心を持ち、美しいエナジーを輝かせるようお心がけください。

🔴縁起/言い伝え/おまじないカテゴリ

続きはこちらから

3分でわかるスピリチュアルQ&A目次