既婚者同士の本気の恋 不倫 W不倫での心の繋がりとスピリチュアル的考え方

既婚者同士の本気の恋 不倫 W不倫での心の繋がりとスピリチュアル的考え方①

既婚同士、お互い家庭があるのに恋に落ちてしまった。

お互いの家庭を大事にしたい、けど心は揺れ動く。

そんな迷路に入ってしまったようなお悩みの方はとても多いです。






 

どう考えたら心を落ち着かせることができるのか。

それをスピリチュアル的に解説いたします。

 

長くなりますので

既婚者同士の本気の恋 不倫 W不倫での心の繋がりとスピリチュアル的考え方②

までご用意してます。ゆっくりとお読みくださいね。

 

 


既婚者同士の本気の恋 不倫 W不倫でお悩みの方にオススメの待ち受け

 

観世音菩薩様の待ち受け。恋愛運、金運などオールマイティーにお使いいただけます。きっと揺れ動く心も平均に鎮めてくれますよ。

 


W不倫のお守りスピリチュアルアイテム

 

真実の愛の証、メビウスダイヤモンド 六芒星のジュエリーソーサーにローズクオーツの細石は恋愛運アップには必需品です。

 

 

 

 


 

出会い

一夫一婦制の国では不倫はご法度ですね。

過去には不倫をすると重罪になった時代もあったそうです。

確かに今の時代も国の法律によって違いはあれど、

不倫は密やかに、内密にされることが多いです。

 

スピリチュアル的にはどう捉えられているのでしょうか。

 

不倫という言葉を聞かない日がないくらい

ニュースでもインターネットでも会社でも友人の間でも

日常的に聞く話となってまいりました。

 

 

ただ、やはり芸能界だけでも多くの不倫が取りざたされ、話題になり、世間的にも非難されることが多いようです。

どうして恋愛をしたのに結婚まで到達しなかったり、結婚しても不倫をしてしまったりになってしまうのでしょう・・・。

 

不倫、W不倫、お互い既婚者同士のお悩み。

 


スピリチュアル的に結婚とは

 

スピリチュアル的には実は

恋愛するしない、結婚するしないは、不倫するしない

は、あまり違いがないのです。

というと語弊がありますが、じっくりとお読みくださいませ。

 

違いがないとは「無意味で、好き放題に無責任にしてもいい」という意味ではありません。

もちろん節度をもって、きちんと立場も責任もわきまえることが大切です。

恋愛をしたらお互いの成長のために、

結婚をしたらプラス生活や責任問題も含めて

不倫の場合は何かあった時にお互いの周りの方を悲しませることも

全てを理解して心して向かうことが大事です。

 

それを踏まえてスピリチュアル的には

「出会うときは出会うし、別れるときは別れる」

と考えられていて、大切なのは

「そこから何を学ぶか」となります。

なので

ずっと恋愛をしていても

結婚と離婚を経験しても

生涯独身だとしても

「それは全てその人の学び」となるのです。

 

 

結婚していても好きな人ができてしまうことが。

 


 

出会い 別れ

では出会いとは、別れとは何でしょうか。

誰でも知らない人と出会うときは緊張しますよね。

「あの人は私をどう思っているのだろう」と不安になります。

そんなときは

「この世に偶然はない、全ては必然」と心の中で唱えてください。

必ずその人と出会う理由があるのです。

たとえ、1日だけの出会いでも、必ず意味があります。

時々初対面なのに「前にもあったような」とか「懐かしさを感じる」って人がいますよね。

この人とは以前どこかであったかな?と考えてしまいます。

そこに「ご縁」というものがあります。

例えば満員電車の中で足を踏まれた人とも「ご縁」があるのです。

 

一瞬のすれ違いが燃えるような恋に。

 


 

ソウルメイトとは

その「ご縁」の中でも最も強いのが「魂の絆」ですね。

いわゆる前世からの絆があるものです。

ソウルメイトと呼ばれることが多いですね。

ですので何か懐かしさを感じる人とはご縁を大切にしてください。

「一期一会」との言葉がありますが、スピリチュアル的にはとてもご縁を大切に考えます。

たとえ1日だけ、一瞬電車で足を踏まれただけでもご縁と思うことから始まります。

この世に偶然はありません。

どんな方でも必ず何かを教えるために、伝えるために出会うのです。

全ては「そこから何を学ぶか」です。

それを心に留めて毎日出会いを楽しんでください。

出会う方 全て自分と親和性のある類魂の中で生きています。

同じ時代を生き、出会うものたちは良い事も悪い事も全て自分の魂と共鳴しています。

100人いれば100通りの性格がありますが、全てが自分のどこかと共鳴するのです。

その共鳴するところがない人とはご縁は続きません。

たとえどれくらい性格が合わない嫌な人だとしてもそれはどこか自分の魂と共鳴するところがあるとスピリチュアル的には考えられています。

自らの魂と共鳴しないものとの出会いは無いのです。

心と心、魂と魂が共鳴。

 

 


 

 

出会う方、全てに自らの魂との関わりがあり共鳴してるとお話ししました。

それでは「愛」とは何でしょうか。

人から愛されるようになるためにはどうしたらいいのでしょうか。

この世は修行の場、自分で生まれる前にテーマを決めてきていますが、愛を学ぶこともとても重要です。

まず、私たちがこの世に生を受けての第一歩が

・家族愛

ですよね。

家族に愛されながらときには葛藤も味わいます。

骨肉の争いも家族ならではのことですよね。

そこからまた一歩進むと友人との

・友情

・師弟愛、などを経験します。

次に

・恋愛

ですね。

この世は特に

「物質的価値観」と「ギブアンドテイク」

で考えられてしまうことが多く、愛に対しても同じように損得で捉えてる人がとても多いです。

ただ

「動機通りの答えが出る」

とのスピリチュアルの教えがあります。

よくあるのが失恋をしてその寂しさを埋めるために次の恋愛を慌ててしてしまえば

やはり同じことの繰り返しになります。

相手は寂しさを埋めるために存在するのではありません。

寂しさを埋めるために「利用する」との動機があれば、相手もまたあなたを「利用する」動機を持ってる人となってしまいます。

これを繰り返していればいつまでたっても

物質的価値観で秤にかけてギブアンドテイクでの恋愛をしてしまうこととなります。

 

無償の愛。

 

 

 

 


真実の愛

では真実の愛とは何でしょうか。

言葉や見た目、肩書き、世間体などにとわられることなく立派に愛を実践してることが真実の愛と言われています。

生まれたばかりの赤ちゃんは2時間おきにミルクをあげて、オムツを取り替えて、お母さんは寝ないで育児をします。

そこに見返りは求めません。

真実の愛を魂から送ろうとする時は言葉を華美に並べ立てたりもしません。

言葉や、見た目、肩書き、それらをすべて取り払った先に愛があるかを確認してみてください。

またこちらから相手に愛を送るときも真実の愛かどうかをわが身を振り返って確認してください。

ただただ、自分を大切にしてもらいたい、会ってもらいたい、優しくしてもらいたいからゆえに「愛」という言葉を使ってはいないかを再確認してみてください。

真実の愛とは相手が幸せであることを望むことです。

そこにはギブアンドテイクもありません。

何かを代償でもらうこともありません。

「真実の愛」とはただただ与えるだけ、見返りを求めないところにあります。

自分に愛を得ようとするのはまだまだギブアンドテイクの考えが残っています。

なかなか大変ですが たとえ、相手が

他の人と一緒にいることを幸せと感じるのであれば

「あなたが幸せなら私はそれでいいわ」

と思えることが真実の愛とスピリチュアル的には考えられています。

 

お互いに真実の愛かどうか。

 

既婚者同士の本気の恋 不倫 W不倫での心の繋がりとスピリチュアル的考え方②へ続きます。